2021年放送内容


9月23日 手話言語国際デー
バッハ:ソロチェロ組曲第六番の秘密
左利きは大変
新コーナー:ミラクルベートーヴェン(ベートーヴェンはどこから来た?)
お便りコーナー
楽譜の不思議8
  1. バッハ:ソロチェロ組曲第6番ニ長調よりプレリュード/パウ・カザルス:アルバム『J.S.BACH Cello Suites Nos.1-6』
  2. ヴィラ=ロボス:メロディア・センチメンタル/波多野睦美(ヴォーカル)つのだたかし(ギター):アルバム『アルフォンシーナと海』
  3. バッハ:2声のインベンション第2番ハ短調 BWV773/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  4. 組曲「源氏物語」より序曲:作詩・本間文 作曲・鈴木二三男/與謝野晶子(朗読)鈴木クワルテット-鈴木鎮一・鈴木喜久雄(ヴァイオリン)鈴木章(ヴィオラ)鈴木二三男(チェロ):アルバム『鈴木クワルテットの遺産』
  5. Simdi/アンジェリカ・アクバル(作曲・ピアノ):アルバム『bir'den Bir'e』
9月16日 チェロンパン(指板のこと)
ブザンソン告別演奏会(ディヌ・リパッティ)
シューベルト「魔王」
おもてなしキッチン
あがる、あがらない
  1. ピアソラ:MICHELANGELO 70/ピアソラ9重奏団:アルバム『Adiós Nonino』
  2. ショパン:ワルツ第1番変ホ長調Op.18/ディヌ・リパッティ(ピアノ):アルバム『ディヌ・リパッティ告別演奏会』
  3. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  4. 林光:ちょっとしたけんか/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  5. シューベルト:魔王/ジェシー・ノーマン(ソプラノ)P.モル(ピアノ):アルバム『BRAVA, JESSYE!』
  6. Sibelius:Finlandia/Marita Viitasalo(ピアノ):アルバム『FINLANDIA』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第6回:レシピ

《冬瓜のフォーと薬膳ゼリー》
編修:アトリエ・ミルフィーユ

冬瓜の下ごしらえ
冬瓜(かもうり)は、楕円形のふっくらとした20センチくらいの長さのものを選ぶ。
○冬瓜を縦半分に切る。
○タネをスプーンで取り去る。
○実の部分を、スプーンを回転させてすくい取る。
○すくい取った実を1/2ずつに分けておく。(1/2フォー用、1/2ゼリー用)
○くり抜いた冬瓜の皮1個は〈薬膳ゼリー〉用の器として使用するので、内側の水分を拭き取り、電子レンジ(600W)で3分加熱する。

〈冬瓜のフォー〉2人前 
材料と下ごしらえ
○出汁 1000cc
○フォー 100g  ☆︎ベトナム料理でおなじみの米粉の乾麺。茹でて水で洗い、ザルに上げておく。
○冷凍むき海老 10尾
○乾燥赤とうがらし 1本 ☆︎細かく輪切りにする。好みにより中の辛いタネを取り除く。
○細ねぎ 2本 ☆︎みじん切り
○ナンプラー  大さじ1
○塩  少々
○コショウ 少々

☆トッピング用炒め物
材料と下ごしらえ
(A)
○八割りピーナッツ(ロースト)10g
○オリーブオイル 小さじ1
○塩 少々
(B)
○白髪ネギ 白ねぎ1/2本分 ☆︎縦半分に切って芯を取り、繊維に沿って細いせん切りにし、水にさらす。
○セロリ 1/2本 ☆︎スジを取って千切り。
○ザーサイ 大4〜5枚 ☆︎塩抜きし、千切り。
○キクラゲ 大3枚 ☆︎湯で戻したものを、千切り。
○ごま油 小さじ1
○塩 少々
○コショウ 少々
ーーー
〈冬瓜のフォー〉作り方
①出汁にナンプラーを加えて煮立て、冬瓜の実を入れてアクを取りながら15分煮る。
②煮ている間に、フライパンで(A)のピーナッツを、オリーブオイルでこんがりとするまで炒めて塩をふり、キッチンペーパーの上にあげておく。
③ (B)を、ごま油でさっと炒め、塩、コショウ する。
④ ①にえびと赤唐辛子を加え、5分煮る。塩、こしょうで味を整える。
⑤茹でておいたフォーを水でほぐし、2個の器に分け入れ、みじん切りのねぎをちらす。
⑥ ④の熱いスープをフォーの上から注ぐ。
⑦トッピング用炒め物(B)を中央に盛り、(A)のピーナッツをのせて完成。

〈冬瓜の薬膳ゼリー〉
材料と下ごしらえ
○冬瓜の実1/2
○水 500cc
○白ワイン 大さじ3
○はちみつ 大さじ4
○レモン 半分 ☆︎果汁を絞っておく。
○乾燥クコの実 20g  ☆︎水につけておく。
○ミントの葉 10枚 ☆︎2枚を最後の飾り用にとっておき、残りを刻んでおく。
○粉寒天  3g

作り方
水とレモン果汁、白ワイン、はちみつを鍋に入れて煮立て、冬瓜の実を入れてアクを取りながら15分煮る。
水につけておいたクコの実、刻んだミントの葉を入れ、粉寒天を煮溶かして火を止める。
粗熱が取れたら冬瓜の器に入れ、冷蔵庫で冷やす。
飾り用のミントの葉を中央にのせて完成。

ひろみのおすすめコメント
冬瓜の小型のものは「かもうり」といいますが、「冬瓜」の名で売られている店も多いですね。
味にくせがなく、サポニンという成分が、脂肪や糖の吸収を抑えてくれるのがうれしいです。旬は夏ですが冬まで保存が可能です。

9月9日 落語家の三遊亭天歌さんをゲストにお迎えしました。
三遊亭天歌さんのブログ
重陽の節句 他
  1. キエフの鳥の歌/太田真季 日本語詞:木内宏治:CDブック『わたしは今日も歌う』
  2. コロブチカ/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  3. ベトナム・フエの古い曲:ハイン・ヴァン/グエン・タイン・タム(ダン・ハウ):アルバム『絲・南哀~ヴェトナムの弦楽器』
  4. ファンチェルリ:チリ/小林靖宏(アコーディオン)東京アンサンブル(ストリングス):アルバム『MIRACLE』
  5. 坂本龍一:エナジー・フロー/高橋アキ(ピアノ):アルバム『Classical Ever! Twp Millenam』
9月2日 千秋楽と千穐楽
絵本「チェロの木/伊勢英子」
こけらおろし( こけら かき) 他
  1. バッハ:2声のインベンションから第13番イ短調/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  2. ポッパー:演奏会用ポロネーズ Op.14/超チェロ組(植草ひろみ 菊地知也 渡部玄一 渡邉辰紀):アルバム『超チェロ組』
  3. ゼキーニャ・ジ・アブレウ:チコ・チコ・ノ・フバー/平倉信行(ギター)田嶌道生(ギター):アルバム『Retratos do Brasil』
  4. カザルス:ロマンス/松野迅 榎田まさし:アルバム『カザルスへのオマージュ』
  5. J.C.Komori:出会い Carnaval/菅沼ユタカ(ケーナ)高橋マサヒロ(ケーナ)菅沼摂子(ギター):アルバム『Esto es viento! Vol.1. 心の原点』
8月26日 世界人権宣言
バンドネオンとバロック
チェロンパン(楽器の材料)
音には色がある!? 他
  1. ヘンデル:サラバンド クラヴィア組曲第2集 第4番ニ短調より/生水敬一朗(バンドネオン):アルバム『Barouque & Barletta』
  2. バッハ:前奏曲とフーガ ハ長調/アレハンドロ・バルレッタ(バンドネオン):アルバム『コンシェルト・デ・バンドネオン』
  3. リヒター:Chorale/およそ100人の音楽家たち:アルバム『Voices』
  4. 劉天華:良宵/朱昌耀(二胡):アルバム『二泉映月〜朱昌耀の二胡』
  5. ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」より「夏」第1楽章/本庄篤子・リマト室内合奏団:アルバム『四季/ヴィヴァルディ』
8月19日 「青」とは...
バンドネオンという楽器
楽譜の不思議6
おもてなしキッチン
俳句の日 他
  1. 作詞:小森香子 作曲:大西進:デュークエイセスがうたう「青い空は」/デュークエイセス 井上鑑(編曲/プログラミング・キーボード・ピアノ):アルバム『青い空はが聞こえますか?』
  2. Carlos Marcucci:Aires Espanoles/Alfredo Marcucci(バンドネオン)Ensamble Piacevole:アルバム『Touched by Tango』
  3. グリエール:カンツォネッタ/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  4. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  5. ニャタリ:ギター協奏曲第4番「ブラジル風」第3楽章/尾尻雅弘(ギター)新田ユリ(指揮)リマト室内合奏団(アンサンブル):アルバム『ブラジルの魂〜ニャタリ・ギター作品集/尾尻雅弘』
  6. ムカームから1ラーク「テザ間奏曲」/マハムティ・トルスン(ギジャック):アルバム『キャラバンの調べ〜ウイグルの楽器』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第5回:レシピ

《夏のとうもろこし祭り》
  洋風とうもろこしご飯
  洋風茶碗蒸し

編修:アトリエ・ミルフィーユ

ブイヨン:材料と作り方
○水:1200cc
○とりムネ肉:450g
○セロリ葉付き:1本(葉と茎を切り離す。茎は乱切り)
○人参:1/2(適当な輪切り)
○玉ねぎ:半分(4等分のくし切り)
○パセリ:3本  
○ローリエの葉:2枚
○塩コショウ:適量
鍋に材料を入れて煮立てる。セロリの葉は味が強いので早めに取り出す。
アクを取りながら20分ほど煮て、スープが冷めたらザルでこしてブイヨンの出来上がり。

洋風とうもろこしご飯 
材料と下ごしらえ
○米:2合 (洗って水につけておく)
○とうもろこし皮付き:2本 
 ・皮を1枚ずつ丁寧にはがし、内側のきれいな皮を盛り付け用にとっ 
  ておく。
 ・先端のひげを丁寧に取り、水洗いして1cmくらいに刻む。(黒い部分は捨てる)
 ・とうもろこしを半分に折り、実を包丁でこそぎとる。芯は捨てずにとっておく。
○玉ねぎ:大1/2 みじん切り
○マッシュルーム:5個 うす切り
○バター:20g(仕上げ用)
○コショウ:少々(仕上げ用)
○塩:少々(仕上げ用)
☆ご飯用調味料
○酒:小さじ1
○ブイヨン:約300cc

作り方
①米をつけておいた水を切る。
②玉ねぎ、マッシュルーム、とうもろこしのひげと実、最後にとうもろこしの芯を釜に入れ、ブイヨンを注ぎ、普通に炊き上げる。
③炊き上がったら芯を取り出し、ご飯にバターと塩とコショウを加え混ぜ合わせる。
④とうもろこしの皮の上にご飯をこんもりと盛り、器に乗せる。

洋風茶碗蒸し(5人分)
材料と下ごしらえ
○とうもろこし1本 
・皮をむき、半分に折り、実を包丁でこそげとる。ひげを洗って1cmくらいに刻む。
○マッシュルーム:3個 うす切り
○玉ねぎ:大1/4 みじん切り
☆茶碗蒸し用調味料
○卵:2個 
○ブイヨン:350cc

《作り方》
作り方
①ミキサーに、とうもろこし1本分の実(少量を飾り用として別にとっておく)、ブイヨン100ccを入れ、かくはんする。
②鍋に移し、残りのブイヨン250ccと、塩少々、とうもろこしの芯を入れ、10分ほど煮て冷ましておく。
③冷めたら芯を取り出し、鍋にといた卵を混ぜる。この段階で液が濃すぎるようなら、ブイヨン(記載外)を足す。
④茶碗蒸し用の蓋つき茶碗、耐熱性カップなどに、とうもろこしのひげ、たまねぎ、マッシュルームを分け入れ、③を注ぐ。
⑤蒸し器に水を張り加熱して蒸気が出て来たら、器に蓋をして(蓋がない場合はアルミホイルをかぶせる)強火で3分、弱火で10分蒸す。火を止めて3分蒸らす。
⑥飾り用にとっておいたとうもろこしの実を、ラップに包んで20秒ほどレンジにかける。
⑦蒸しあがった茶碗蒸しにとうもろこしの実を飾って、出来上がり。
 温かくても、冷蔵庫で冷やしても美味。

ひろみのおすすめコメント
実をとったあとの芯も鍋に入れて調理すると、旨みが出て全体が美味しくなります。
白くてフワフワとしたひげは生でも火を通しても風味がよく、カリウムが豊富です。
ひげは「めしべ」で、1個の実から1本生えています。だから、ひげと実の数は同じなんです。とうもろこし1本につき、およそ600本(個)くらいだとか。

8月12日 うどんや風一夜藥本舗 薬剤師の末廣美帆さんをゲストにお迎えしました。
うどんや風一夜藥本舗ホームページ
淡谷のり子さんのお誕生日
二十四の瞳 他
  1. ポエマ/淡谷のり子 アンドレ・レジャン(クロマチックアコーディオン・ベルギー式配列)岩崎洋とシンキング・ピアノ:アルバム『私の好きな歌』
  2. すみれの紹介~朗読~すみれ/松野迅 淡谷のり子(朗読)古川忠由:アルバム『My Message Jin』
  3. An Die Rosen/Leo Eide(口笛)Hakan Sund(ピアノ):アルバム『Leo Eide Whistling Virtuoso』
  4. ラベル:亡き王女のためのパヴァーヌ/モーリス・ラヴェル(ピアノ):アルバム『世界の名ピアニストたち2〜コンドン・コレクション』
  5. チャイコフスキー:ノクターン/植草ひろみ+德川眞弓(ピアノ):アルバム『いつかの美しい日のように』
8月5日 8月、広島・長崎の話
楽譜の不思議5
チェロンパン(弦の気持ち)
カザルスと「鳥の歌」 他
  1. BGM:クララ・ヴィークの主題による即興曲 作品5より第1曲/フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シュヌアー:アルバム『シュヌア―の芸術 シューマン・ピアノ作品集』
  2. 外山雄三:廣島のうた より「手まりうた」/松野迅 曽我尚江:アルバム『PRAYER for PEACE 平和希いて』
  3. パガニーニ:妖精の踊り/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  4. 楽(輪舞・ロンド)/沢井忠夫(琴・作曲):アルバム『讃歌』
  5. 鳥の歌/エーベルハルト・フィンケ(ソロチェロ)亀田美佐子(ヴァイオリン)松野迅(ヴァイオリン)田口朝子(ヴィオラ)瀬越憲(チェロ)佐々木正治(コントラバス):アルバム『EBERHARD FINKE violoncello SPECIAL』
  6. 一本の鉛筆/美空ひばり 作詞:松山善三 作曲:佐藤勝:アルバム『美空ひばり感動この一曲~ひばり 心のアルバム』
7月29日 「7」という数字
チェロンパン(孔あきチェロ)
おもてなしキッチン番外編「スペシャルドリンク」
楽譜の不思議4
フェルマータとバス停 他
  1. ブラーガ:天使のセレナーデ/松野迅 川野由香(ピアノ):アルバム『淡谷のり子&松野迅オンライブ』
  2. G.カサド:親愛なる言葉/エーベルハルト・フィンケ(チェロ)神野明(ピアノ):アルバム『Eberhard Finke Violoncello Special』
  3. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  4. クロード・ドビュッシー:組曲「子供の領分」より「ゴリウォーグのケークウォーク」/クロード・ドビュッシー(ピアノ):アルバム『世界の名ピアニストたち1〜コンドン・コレクション〜』
  5. リシャール・ガリアーノ:セーヌのブルース/植草ひろみ+早川りさこ:アルバム『Sound of the Sky』
  6. ジュスレー/チ・ボラグ(馬頭琴):アルバム『モンゴル/チ・ボラグの馬頭琴』

植草ひろみ『スペシャルドリンク』:レシピ

《ドリーミントロピカルティー》
編修:アトリエ・ミルフィーユ

〈材料と下ごしらえ〉 3人分
○生パイナップル・・・200g
 〜パイナップルを8等分に切り分ける〜
  (1) 4枚を1cmくらいの乱切りにして冷凍しておく。(ミキサーでかくはん用)
  (2) 3枚をさいの目に細かく切る。(紅茶用)
  (3) 1枚を3切れにする。(飾り用)
○濃い目に淹れた好みの紅茶  500ml(今回はダージリンを使用)
○氷 (紅茶を一気に冷やすため)
○レモン    1/8  果汁を絞っておく 
○砂糖 (なくてもよい。甘党用には適量使用)
○牛乳     180ml
○生姜の絞り汁 小さじ1/8
○ヨーグルト    大さじ1
○練乳  大さじ1
○ミントの葉  少々

作り方
①熱い紅茶を、氷をたくさん入れた耐熱容器に一気に注いで冷やし、すぐに氷を取り出す。これで紅茶の色と透明感を保つことができる。
冷めた紅茶にレモン果汁、さいの目に切ったパイナップルを加え、冷蔵庫で冷やしておく。
(紅茶に甘みを加える場合は、紅茶が熱いうちに砂糖を入れて溶かす)
②冷凍しておいたパイナップルを取り出し、10分ほど室温におく。
③ミキサーにパイナップル、牛乳、ヨーグルト、生姜汁、練乳を入れ、かくはんする。
④③をワイングラスなどのガラスの器に半分ほど入れ、①の紅茶をグラスの縁から静かに注ぐ。紅茶が下層、③が上層の2層に分かれるのを待つ。
⑤上にミントの葉を飾り、飾り用のパイナップルに小さく切り目を入れて、グラスの縁にかける。

ひろみのおすすめコメント
『ドリーミントロピカルティー』は、〔ドリーミング+ミント+トロピカルティー〕の造語です。一生懸命、徹夜で考えて思いつきました(笑)。
生パイナップルを使用した〔夢のような+ミントの香り+南国風紅茶〕のコラボレーションです。
グラスの中で白とオレンジ色の2層に分かれ、見た目にもおしゃれなドリンクが出来上がりました。
南国への旅行気分を、ちょっとだけ味わってみませんか !!

7月22日 楽譜の不思議3
チェロンパン2
左利きは危険がいっぱい
お便りご紹介 他
  1. アルプスの夕映え/ワルター・ハウツィヒ(ピアノ)エステン作曲:アルバム『The Favorite Music』
  2. La Cumparsita/ハビエル・カサーリャ(ストローヴァイオリン・ギター)G.ロドリゲス作曲:アルバム『javier casalla』
  3. 平和な愛 (O amour Em Paz)/伊藤ゴロー(クラシカルギター)ジャキス・モレレンバウム(チェロ)パウラ・モレレンバウム(ヴォーカル)ヴィニシウス・ヂ・モライス作詞 アントニオ・カルロス・ジョビン作曲:アルバム『ランデヴー・イン・トーキョー』
  4. かなしくなったときは/田中純(バリトン)宮下俊也(ピアノ)寺山修司作詞 大中恩作曲:アルバム『はにかみはぎしり』
  5. バッハ:2声のインベンション第8番 BWV779/Trio Loussier:アルバム『Play Bach』
7月15日 楽譜の不思議
チェロンパン(チェロの疑問に答える新コーナー)
おもてなしキッチン 他
  1. 吉崎克彦:「哀歌」より/吉崎克彦(十七弦琴)福田輝久(尺八):アルバム『和楽器の魅力』
  2. 作詞:石黒真知子 作曲:原田義雄:夢を語るとき/原田義雄:アルバム『原やんのうた』
  3. フォーレ:夢の後に/植草ひろみ+早川りさこ:アルバム『Sound of the Sky』
  4. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  5. 外山雄三:荒木栄の思い出/松野迅 榎田まさし:アルバム『パッション』
  6. モーツァルト:クラネット五重奏曲 イ長調K.581より第1楽章Allegro/David Shifrin(クラリネット) Chamber Music Northwest

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第4回:レシピ

《〜バジル風味“とろろ"、2つの変奏曲〜》
  第一変奏曲「冷製カッペリーニ」
  第二変奏曲「バジル風味蒸しパン」

編修:アトリエ・ミルフィーユ

第一変奏曲【冷製カッペリーニ】材料 3人分 
カッペリーニ(極細スパゲッティ)150g
長芋 300g
バジルペースト
トッピング用ズッキーニ、オクラ、なす、プチトマト & 甘塩鮭

《バジルペーストを作る》
〔材料〕
バジル 30g
松の実(ロースト)30g
オリーブオイル  100ml
塩        小さじ1/2
粉チーズ     20g
ーーーーーーーーーーーーーーーー
①バジルの葉を傷つけないように茎から丁寧にとり、水洗いする。
②水気を拭き取ったバジルの葉と、松の実1/2、オリーブオイル1/2、塩をミキサーにかける。
③ペースト状になったら、残りの松の実とオリーブオイル、粉チーズを加えて、さらにかくはんして出来上がり。

《トッピングを準備する》
〔材料〕
甘塩鮭    1切れ
ズッキーニ 1本
オクラ   10本 
なす    2本 
ミニトマト 6個
ーーーーーーーーーーーー
①甘塩鮭を焼き、骨を取って身をほぐす。カリッと焼けた皮も5ミリ幅に切って身に混ぜておく。
②ズッキーニのヘタをとり縦半分に切ってから、横7ミリ幅に切り、オクラとともに、塩少々加えたお湯で1分半茹で、ざるにあげる。
③なすのヘタをとり縦半分に切ってから、横7ミリ幅に切り、水に放してあく抜きしたあと、1分半茹で、ざるにあげる。
④茹でた野菜のあら熱がとれたら、冷蔵庫で冷やしておく。
⑤ミニトマトは、大きさにより、縦1/2 か 1/4分割する。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
《冷製カッペリーニを仕上げる》
①長芋300gの皮をむき、すりおろして“とろろ"にする。
②“とろろ"にバジルペースト大さじ5を加えて、よくなじませる。 
③カッペリーニを3分ほど茹でてザルにあげ、流水で洗ったあと手早く氷水で締め、ペーパータオルで水気をしっかりと拭き取る。
④“バジルペースト入りとろろ" の2/3量と、カッペリーニを和える。             
⑤冷やしておいた野菜の水気をふきとり、バジルペースト大さじ2で和える。
⑥カッペリーニを器に盛り、その上に茹で野菜、ほぐした甘塩鮭、ミニトマトをトッピングする。

第二変奏曲【バジル風味蒸しパン】
〔材料〕
“バジルペースト入りとろろ" の残り1/3量
上新粉(80g)
水 50ml
泡立てた卵白(卵2個分)

《作り方》
①“バジルペースト入りとろろ" に、上新粉と水を混ぜ合わせ、卵白の泡をつぶさないように切るように混ぜる。
②アルミ菊型2号(直径3cm×高さ3cm)の内側にサラダ油を塗り、型の7分目ほどまで生地を入れ、蒸し器で約10分蒸す。水分が落ちないよう、ふたの下に布巾をかぶせておくとよい。
③竹串をさして生地がつかなくなれば、出来上がり。

ひろみのおすすめコメント
夏の暑さの中、さっぱりとした冷製パスタはいかがでしょうか?
「バジル風味蒸しパン」は、和菓子〈かるかん〉の作り方からヒントを得ました。
長芋に含まれる消化酵素が、夏バテ気味の胃腸をいたわってくれます。
体調を整えて、ご一緒に、厳しい季節を乗りきりましょう!

7月8日 バレーボール女子 元全日本代表(メダリスト)の 大谷佐知子さんをお迎えしました。
版画家・彫刻家ケーテ・コルヴィッツ
オリンピックには芸術競技もあった...  他
  1. 作詞:荒井良夫 作曲:たかだりゅうじ:俺たちのシルクロード/国鉄のうたごえサークル協議会、スクラムコンサート連帯合唱団:アルバム『国鉄のうたごえヴェストアルバム 大いなる一つの道へ』
  2. A Hard Day's Nigh/キングス・シンガーズ:アルバム『Beatles Collection』
  3. V.モンティ:チャルダッシュ/松野迅 古川忠由(ギター):アルバム『パープル・ファンタジー』
  4. 伊福部昭:盆踊/榎田まさし:アルバム『トロイメライ』
  5. Hopes And Dreams Introduction/D.D. Juckson(ピアノ)James Spaulding(アルトサックス):アルバム『Suite For New York』
7月1日 おついたち(お朔日)
楽譜の不思議
週の真ん中は木曜日? 他
  1. J.S.バッハ:二声のインベンションより第1番/松野迅+植草ひろみ
  2. ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲集「四季」より秋 第1楽章/ピーナ・カルミレッリ(ヴァイオリン)イ・ムジチ合奏団
  3. いつかの美しい日のように/植草ひろみ+德川眞弓(ピアノ):アルバム『いつかの美しい日のように』
  4. カタルーニャ民謡:教師の恋/松野迅+田嶌道生(ギター):CDブック『星めぐりの歌』
  5. アンリ・ジル=マルシェックス:古き日本の2つの映像より「吉原帰り」/小川典子(ピアノ):アルバム『ジャポニズム~世界の作曲家の目に映った日本~』
6月24日 美空ひばりさんのこと
ドレミファソラができた日
左利きの脳は?
お便り紹介
  1. ピアソラ:Adiós Nonino/ピアソラ9重奏団:アルバム『Adiós Nonino』
  2. Stardust/美空ひばり:アルバム『Jazz & Standards Hibari Misora』
  3. 松野迅:わすれなぐさ/松野迅 榎田まさし:アルバム『パッション』
  4. 植草ひろみ:浪分櫻/植草ひろみ+中村由利子
  5. Lover, Come Back To Me/美空ひばり:アルバム『Jazz & Standards Hibari Misora』
6月17日 「セロ弾きのゴーシュ」まとめ
株式会社音楽センター代表取締役大野文博さんに音楽センターの成り立ちなどを聞く
おもてなしキッチン
フィボナッチ数列 他
  1. A.ピアソラ:オブリビオン/植草ひろみ(チェロ・ 編曲)+新日本フィルハーモニー交響楽団チェロ・バス・アンサンブル:2013年2月23日東京文化会館小ホールでのライブ録音から
  2. ナジム・ヒクメット作詩 外山雄三作曲:雲に人間を殺させるな/植田あゆみ(women of the world-ヴォーカル)大熊啓(ギター)菊池リカ(ピアノ):アルバム『子どもの大空〜singing for our lives〜』
  3. クラズマー音楽 Caravan/Jasha Liberman Trio
  4. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  5. F.ショパン:24の前奏曲作品28より第15番 変ニ長調「雨だれ」/永野光太郎(ピアノ):アルバム『KOTARO NAGANO CHOPIN RECITAL IN CANBERRA』
  6. ロシア民謡:ヴォルガの舟歌/ワレリー・ポリャンスキー指揮 ロシア国立室内合唱団:アルバム『ロシア民謡集』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第3回:レシピ

《カジキマグロのムニエル+焼き野菜マリネ》
編修:アトリエ・ミルフィーユ

【カジキマグロのムニエル】3人分〈材料と下ごしらえ〉
カジキマグロ 3切れ(キッチンペーパーで水分を取る)
大根おろし 大さじ6
白ごま 大さじ3 (すり鉢でする)
小麦粉 50g
塩、こしょう適量
オリーブオイル 大さじ2

【焼き野菜マリネ】3人分〈材料と下ごしらえ*添え用には1部を使用〉
長ネギ  2本(白い部分も葉の部分も4㎝幅のぶつ切り。青い部分の先端を少々飾り用に刻んでおく )
エリンギ 中2個(縦に4等分し、長さ5センチ幅5ミリに切る)
ししとう 12本(ヘタの少し上を切り落とし、つま楊枝で1箇所穴をあける)
赤ピーマン 1個(タネをとり縦に5ミリ幅に切りそろえる) 
黄ピーマン 1個(タネをとり縦に5ミリ幅に切りそろえる)
ごま油適量

☆︎マリネ液
ごま油 大さじ2
レモン 中1個(果汁を絞り、皮をすりおろす)
酢 大さじ2
砂糖 大さじ1.5
醤油 大さじ1.5
みりん 大さじ1
塩、こしょう適量  

【焼き野菜のマリネ】〈作り方〉
①マリネ液の材料を小鍋に入れ、焦がさないように混ぜながら弱火で温める。
②フライパンにごま油を薄くひき、ネギとししとうを入れ、中火で返しながら焦げ目をつけ、取り出しておく。
(ネギは充分に火を通すと甘みが増しておいしい)
③次にエリンギを炒めて取り出し、さらに赤ピーマンとオレンジピーマンを炒めて取り出す。
④焼きあがった5種類の野菜をバットに並べ、①のマリネ液を上からかけ、ラップをして2時間ほど置く。

【カジキマグロのムニエル】〈作り方〉
①カジキマグロに塩・こしょう、すった白ごまを混ぜた小麦粉を薄くまぶす。
②フライパンにオリーブオイルを熱し、カジキマグロの両面をこんがり焼く。

☆︎盛り付け
焼きあがったカジキマグロに大根おろし大さじ2を乗せ、マリネしておいた野菜を彩りよく盛り付ける。その上からマリネ液を少々かけ、刻んだ青ネギを上に飾る。

ひろみのおすすめコメント
カジキマグロとお野菜のカラーハーモニーが楽しいですよ!
ちなみにカジキマグロはマグロにあらず・・。
正式名は「旗魚(カジキ)」という白身魚で、マカジキ科・メカジキ科に属しています。脂肪分が少なく、
たんぱく質を多く含むヘルシー食材として人気です。

6月10日 日本骨髄バンク評議員の大谷貴子さんをゲストにお迎えしました。
日本骨髄バンクホームページ
大阪弁講座?
「セロ弾きのゴーシュ」第6回 他
  1. ヘンデル:ソナタイ長調作品1-14より第2楽章アレグロ/遠藤隆己(マンドリン)井出久美子(ピアノ)植草ひろみ:アルバム『Fantasia』
  2. BGM:メイエで君を待つ Je t'attends à Meillers/植草ひろみ:アルバム『Dreaming』
  3. モーツァルト:「ああ、かあさんにお話ししたいわ」による変奏曲 K.262(キラキラ星変奏曲)/スヴェトラ・プロティッチ(ピアノ):アルバム『トルコ行進曲』
  4. 貴志康一:竹取物語/松野迅 榎田まさし):アルバム『パッション』
  5. 松野迅:大谷貴子の名による「ちゃらんぽりん」/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  6. マカーム・ナハーワンド/ホッサーヌ・アブドル・ラフマン(カーヌーン):アルバム『ナイルの調べ〜エジプト古典音楽』
大谷貴子さんへのトマトサラダ
編修:アトリエ・ミルフィーユ

【トマトマリネサラダ】
(材料と下ごしらえ)
紫玉ねぎ 1/2個(荒みじん切り)  
ホタテの貝柱 6個(荒みじん切り)
パセリ少々(細かいみじん切り)
オリーブオイル 大さじ1
塩、こしょう 適量
調味液
  レモン果汁1/2個分  
  醤油 小さじ1

トマト大 1個(タテ7等分の薄切りにし、さらにヨコ半分に切る。)

(作り方)
フライパンにオリーブオイルを入れて温め、紫玉ねぎを炒め、塩、こしょうする。
紫玉ねぎがしんなりとしたらホタテを入れて炒め、レモン果汁と醤油を合わせた調味液を回し入れて火を通す。

☆盛り付け
トマトを器に並べ、紫玉ねぎとホタテを炒めたものを上にのせる。調味液も全部かける。
最後にパセリのみじん切りを散らす。
冷蔵庫で冷やしておく。

ひろみのオススメコメント
6月になってますます美味しくなってきたトマトでサラダを作りました。紫玉ねぎと貝柱を炒めてドレッシングに仕立てると、柔らかな味になります。

6月3日 衣替え
パウ・カザルスとアストル・ピアソラ
「セロ弾きのゴーシュ」第5回 他
  1. J.S.バッハ:二声のインベンションより第7番/松野迅+植草ひろみ
  2. BGM:メイエで君を待つ Je t'attends à Meillers/植草ひろみ:アルバム『Dreaming』
  3. 「元始(げんしYuánshǐ)/麗江(れいこう)中国大研 納西(ナーシ)古楽会 Yǎnchū/lìjiāng zhōngguó dà yán nàxī gǔ yuè huì:アルバム『納西(ナーシ―)古楽』
  4. You Raise Me Up/Secret Garden:アルバム『once in a red moon』
  5. J.S.バッハ:Suite No.3 in C major BWV1009〜Bourrees(ソロ組曲第3番ハ長調ブーレ/パウ・カザルス:アルバム『J.S.BACH Cello Suites Nos.1-6』
  6. A.ピアソラ J.ブラガート編:レヴォルーショナリオ(革命家)/松野迅+植草ひろみ+榎田まさし :アルバム『パッション』
5月27日 漢字であそぼ
左利き(番組で紹介した鏡文字は まつのじん のホームページで紹介しています。こちらからどうぞ
お便り紹介
「セロ弾きのゴーシュ」第4回 他
  1. J.S.バッハ・E.ペトリ編曲:羊は安らかに草を食み/レオン・フライシャー(ピアノ):アルバム『Two Hands』
  2. BGM:メイエで君を待つ Je t'attends à Meillers/植草ひろみ:アルバム『Dreaming』
  3. J.S.バッハ:神よ、われら汝に感謝す〜カンタータ第29番「シンフォニア」/田嶌道生・平倉信行(ギター):アルバム『ドゥーズ・コルデBACH』
  4. G.カッチーニ:アヴェ・マリア/スラヴァ(ヴャチェスラフ・カガン=パレイ)(ヴォーカル):アルバム『Vyatcheslav Kagan Paley "Ave Maria"』
  5. M.d.ファリャ:7つのスペイン舞曲より第4曲Jota/D.Apellaniz(チェロ)A.L.Castano(アコ―ディオン):アルバム『PERSPECTIVAS』
5月20日 金子兜太の俳句紹介
「セロ弾きのゴーシュ」第3回
フェルマータとコロナ
おもてなしキッチン
田辺綾子の詩の朗読 他
  1. A.バリオス:最後のトレモロ/ 稲垣稔(ギター)アルバム:『ソナチネ』
  2. BGM:メイエで君を待つ Je t'attends à Meillers/植草ひろみ:アルバム『Dreaming』
  3. レインゴリト・グリエール:子守歌(8つの小品 Op39より)/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  4. Night In The Garden Of Eden/KROKE:アルバム『EDEN』
  5. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  6. この胸の奥深く-We Shall Overcome-/川口真由美(ヴォーカル)+井上艦(作詞・ピアノ・シンセサイザー):アルバム『このクニに生きて』
  7. BGM:花開くとき/MARIERIKA:アルバム『SKY EYE』
  8. Over The Rainbow/Chris Botti(トランペット):アルバム『Impressions』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第2回:レシピ

《オイルサーディン入りのパイ&トマトスープ》
編修:アトリエ・ミルフィーユ

【オイルサーディン入りのパイ】〈出来上がり8個分の材料と下ごしらえ〉
オイルサーディン(いわし油づけ)8尾‥各一尾を二分する
じゃがいも大2個‥1個を4つに乱切り
人参中1/2‥縦に4等分
玉ねぎ中を縦に1/2に切ったもの‥6等分のくし切り
冷凍パイシート2枚。ここでは10cm×18cmの市販品を使用
 ‥冷凍庫から冷蔵庫に移して20分ほどおいておく
コンソメスープ700cc
オイルサーディン漬け油小さじ2
とろけるチーズ少々 
卵黄〈塗り用〉
A.調味料‥クミンパウダー、塩、コショウ各適量

【オイルサーディン入りのパイ】〈作り方〉

①じゃがいも、人参、玉ねぎを鍋に入れてコンソメスープを注ぎ入れ、A.を入れて、野菜が柔らかくなるまで茹でる。
②茹でた野菜を取り出し、スープはトマトスープ用にとっておく。
③ジャガイモをマッシュ(つぶす)する。
④人参、玉ねぎををみじん切りにし、各1/2と、オイルサーディンの漬け油小さじ2を③に加えて混ぜる。好みでA.を加える。
 (みじん切り人参・玉ねぎの残り各1/2はトマトスープ用にとっておく)
⑤ ④を手のひらで直径3.5cmくらいに丸めて8個の団子を作り、中に油を切って一尾を二分したオイルサーディン2片を入れて、かたち作る。
⑥パイシート2枚を冷蔵庫から出して約10分間室温に置き、適度に柔らかくなったらそれぞれ20cm四方になるよう麺棒で押し拡げ、各1枚を10cmの正方形4枚に切り分ける。
⑦切ったパイシートの底面となる中心部3.5cm四方を残して、パイシート4辺の外側から内側に向かって3㎝の切り込みを入れる(4箇所)。向かい合った辺の切り込みが一直線状にならないようずらして切ると、あとで包みやすい。
⑧オイルサーディン入りの団子を中心に置き、とろけるチーズ少々をのせ、パイシートにいれた切り込みから折りたたみ、団子を包む。
⑨クッキングシートを敷いた天板にパイをのせ、手で少し押して上を平らにし、卵黄を刷毛で塗る。
その上にとろけるチーズ少々をのせ、200度に予熱したオーブンで25分焼く。こんがりとした焼き色がついたら完成。

【トマトスープ】〈材料と下ごしらえ〉
野菜を茹でたコンソメスープ
茹でて半分とっておいたみじん切りの人参・玉ねぎ
トマト中玉1個(熟したもの)‥皮をむき、実を細かく刻む
A.調味料‥クミンパウダー、塩、コショウ各適量

【トマトスープ】〈作り方〉
 別にとっておいたスープに、刻んだトマト、みじん切りの人参・玉ねぎを加えて温め、好みでA.を加える。

ひろみのおすすめコメント
オイルサーディンとクミンの香りの相性がとても良いです。
トマトスープとともにカフェスタイルでお楽しみください!

5月13日 国際ジャーナリスト伊藤千尋さんをゲストにお迎えしました。
「セロ弾きのゴーシュ」第2回 他
  1. フォー・ユー・オール/桑山哲也:アルバム『シトロン』
  2. 道ばた《靴やさん》(歌曲集「月曜日の詩集」より)/田中純(バリトン)宮下俊也(ピアノ):アルバム『はにかみ・はぎしり』
  3. P.カザルス:カタルーニャの歌 第1番/松野迅 曽我尚江(ピアノ):CDブック『星めぐりの歌』
  4. BGM:メイエで君を待つ Je t'attends à Meillers/植草ひろみ:アルバム『Dreaming』
  5. 青森民謡:津軽じょんがら節/吉田兄弟:アルバム『和楽器の魅力』
5月6日 母の日の話
「セロ弾きのゴーシュ」第1回
映画「ビルマの竪琴」 他
  1. A.ピアソラ:KICHO(キーチョ) /コントラバス四重奏(Double Bass Quartet):アルバム『UN' OTTAVA SOTTOSOPRA』
  2. BGM:メイエで君を待つ Je t'attends à Meillers/植草ひろみ:アルバム『Dreaming』
  3. 新しい季節/望月フミヒロ:アルバム『新しい季節』
  4. ティーダ/ウー・ミン・チー(サウン・ガウ):アルバム『金色のオーケストラ〜ミャンマーのサインワイン』
  5. ヴィラ=ロボス:黒鳥の歌/植草ひろみ+早川りさこ:アルバム『いつかの美しい日のように』
  6. ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67〈運命〉第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ/カルロス・クライバー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
4月29日 カザルスと楽器
ドレミの歌
まつのじん左利き
植草ひろみアメリカ体験 他
  1. ベッリーニ:カスタ・ディーヴァ/フィリップ・ジョルダーノ:アルバム『FILIPPA』
  2. ドレミの歌/ペギー葉山:アルバム『夢の旅路・・・』
  3. チャルギャフ/ラズミ・クリーエフ(タール):アルバム『カスピ海の旋律~アゼルバイジャンの音楽』
  4. コロラドへの道(The Road to Colorado)/植草ひろみ+中村由利子:アルバム『Dreaming』
  5. ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 作品68『田園』 第1楽章“田舎に到着した時の愉快な気分”/カルロス・クライバー指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団
4月22日 楽器との出会い(まつのじん編)
沖縄の話
おもてなしキッチン
荒城の月 他
  1. A.ビジョルド:エル・チョクロ/ 松野迅+古川忠由(忠義)(ギター)アルバム:『パープル・ファンタジー』
  2. Smile/Nat King Cole:アルバム『Unforgettable』
  3. 暁一AKATSUKI一/普天間かおり:アルバム『Akatsuki暁〜美ら美ら〜』
  4. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ
  5. ラヴェル:ハバネラ形式の小品/植草ひろみ+早川りさこ:アルバム『いつかの美しい日のように』
  6. 滝廉太郎:荒城の月/松野迅+永野光太郎(ピアノ)(松野迅編曲):アルバム『パッション』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第1回:レシピ

《料亭風 油揚げ巻》
編修:アトリエ・ミルフィーユ

  1. 油揚げ〔お揚げさん〕5丁(枚)(長い1辺を残して切り開く)
  2. 小松菜〔ふゆな〕5束(葉の部分だけ切りとり、湯をかけてしんなりとさせる)
  3. れんこん〔はすね〕大1節(2/3をすりおろし、1/3は細かく刻む) 鶏〔かしわ〕ひき肉200g。
    えのき茸(1/3束を細かく刻む)。
  4. 人参1本(縦に長細い拍子木切り)
  5. スナップエンドウ10個(豆を取り出し、皮を縦長に千切り)。
    (調味料は好みの分量の‥食塩、片栗粉少々、白出汁、味醂、砂糖少々、ナンプラー少々、柚子果汁、柚子の皮、小葱)

【作り方】
開いた油揚げ1丁の上に、小松菜の葉1/5を敷きつめる。
3の具材を塩、片栗粉少々を入れてよく混ぜ合わせ、1/5を、
小松菜を敷いた油揚げの中央に、8センチ幅で乗せる。
その上に、人参の拍子木切り2本と、スナップエンドウ千切り1/5をのせ、
それらが中央に収まるように小松菜の葉で巻く。
小松菜の葉で巻いたものを、さらに油揚げで巻き、
油揚げの両端の内側に片栗粉をつけて閉じ、つまようじでとめる。

巻き上がった〈油揚げ巻〉を鍋に入れ、白出汁、味醂、砂糖少々、柚子果汁、
塩少々の汁で、火が通るまで煮る。(約15分)
煮あがったら煮汁を別鍋に入れ、水溶き片栗粉を入れて加熱し、あんを作る。
各1本を6等分し、つまようじをはずし、切り口を上にして器に盛る。
彩りに、茹でた小松菜(記載外)に柚子の皮をのせて添え、全体にあんを廻しかける。
「料亭風 油揚げ巻」の完成。

【バリエーション〜油揚げ巻 エスニック味】
巻き上がった〈油揚げ巻〉を蒸し器に入れて15分蒸す。
各1本を斜めに6等分にし、器に並べる。
ナンプラー少々、柚子果汁、小ねぎでエスニック風のタレを作り、添える。

ひろみのおすすめコメント
5本のあぶらあげ巻きが、2種類の全く違った雰囲気のお料理になります。
たくさんできるので、おもてなし料理にはオススメです!

4月15日 楽器との出会い(植草ひろみ編)
ステイホーム中にしたこと
カフェの不思議? 他
  1. バッハ:アリオーソ-「カンタータ第156番」/植草ひろみ+早川りさこ(ハープ):アルバム『いつかの美しい日のように』
  2. 中田章:早春賦/小巻健(ギター)(武満徹編曲):アルバム『REMEMBRANCE』
  3. マックス・リヒター:メルシー(慈悲・なぐさめ)/松野迅+植草ひろみ+榎田まさし:アルバム『音楽の花束』
  4. バッハ:メヌエット第3番/松野迅+植草ひろみ(詩:たなかしんや・朗読:植草ひろみ)(生演奏)
  5. ショパン:小犬のワルツ/榎田まさし:アルバム『トロイメライ』
4月8日 まつのじん、植草ひろみが相手を紹介する、自己紹介ならぬ他己紹介
ピースサインの由来
ピースリーの意味 他
  1. ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)/松野迅+植草ひろみ+榎田まさし(ピアノ)(フリッツ・クライスラーとフーゴ・クライスラー編曲):アルバム『パッション』
  2. バッハ:インベンション第4番/松野迅+植草ひろみ(生演奏)
  3. Imagine/John Lennon:アルバム『Imagine』
  4. スペインの月/植草ひろみ+中村由利子(ピアノ):アルバム『Dreaming』
  5. ベートーヴェン:スプリング・ソナタ第1楽章 Allegro/松野迅+スヴェトラ・プロティッチ(ピアノ):アルバム『松野迅ヴァイオリンリサイタル《ライブ》』